梅雨に紫陽花

180616 180616-02 180616-03 180616-04梅雨(つゆ)には紫陽花(あじさい)ってことで…。
それにしても、紫陽花の種類は本当にたくさんあります。


カテゴリー: ときわ別館の様子・出来事, 花木便り | コメントをどうぞ

6月11日の中庭風景

180611入梅、そして(南方ですが)台風通過で、一日中雨降りです。
湿度高めで、気分が爽快…とは参りませんが、中庭の緑は雨降りの方が間違いなく美しいです(降らなくても美しいですが)。23時30分のライトアップ消灯まで、心ゆくまで庭風景をご堪能下さいませ。


カテゴリー: ときわ別館庭の365日 | コメントをどうぞ

庭木の剪定(せんてい)

180607昨日は強烈な雨降りでしたが、一転今日は快晴となりました。
合間をつくように、今日は朝から庭師さんが中庭に入って剪定作業をしてくれました。
人間に例えるならば、これから梅雨を迎えるにあたり、鬱陶しいボサボサ頭よりも清潔感溢れるショートカットで臨むようなものでしょうか。
どうやら週末は再び雨模様のようです。


カテゴリー: ときわ別館庭の365日 | コメントをどうぞ

あやめの植栽

180605 180605-02温泉街のあちらこちらで、あやめの植栽が始まりました。
まもなく入梅。鬱陶しいお天気が続くことになりますが、鮮やかなあやめは前向きな気持ちにさせてくれるポジティブアイテムです。


カテゴリー: 町並みウオッチング, 花木便り | コメントをどうぞ

山法師(やまぼうし)が開花

180603 180603-02 180603-03中庭の中央に植わる山法師に白い花が咲き始めました。
遠目に見ると緑色の葉の上に真っ白な雪が積もったような感じです。
ただし、本当のところは花に見える白い四弁は葉の一種だということで、花は中央に凄く小さく密集していてかなり近づかないと見ることができません(しかも花らしくありません)。


カテゴリー: ときわ別館庭の365日, 花木便り | コメントをどうぞ

6月~8月 蟹漁休漁

180531お知らせでございます。
5月末をもちまして「香住蟹(紅ズワイ蟹)」漁が終漁いたしました。
香住蟹の漁期は9月1日から翌年の5月末までとなっており、その期間の中で11月7日から翌年の3月末までは「松葉蟹(ズワイ蟹)」が獲れますので、当館では、松葉蟹の獲れない期間に会席料理の一品として茹でた香住蟹をお召し上がりいただくようにしていました。
次回蟹料理が提供できるのは9月の香住蟹漁解禁後となります。6月1日から8月末までの3ヵ月間は、蟹料理の提供は全くありませんので、ご了承いただきますよう宜しくお願い申し上げます。


カテゴリー: 食の話あれこれ | コメントをどうぞ

See You Again

180526昨年の7月からワーキングホリデー制度を使って当館で勤務してくれていたカナダ人のOsman Wong(オズマン・ウォン)くんが、この度契約期間を満了し、5月15日付けで退職し帰国いたしました。
在職中におきまして、彼のことを可愛がっていただいたお客様、そしてまちの皆さんに対しまして、この場をお借りして報告と御礼を申し上げます。本当に有り難うございました。

勤勉で愛想も良く、語学堪能で、とても優秀な社員でした。そして、何よりも会社の中で潤滑油となって社内の雰囲気を盛り上げてくれたことは大いに評価をしたいところです。
どんなにそつなく仕事をこなす人材でも、社内で浮いた存在であれば評価はそんなに高くはありません。自分の立ち位置をよくわきまえ、会社があるべき姿をよく理解し、自分が会社の中でどう振る舞っていけばいいのかを考えて会社の歯車となってくれる人。そういう人材は高く評価されます。彼はまだまだ未完成ではありますが、まさにそんな存在であったと思います。
数々の経験を積んで、そしてたくさんの友だちを作って、彼は次の新しいステージへ進んでいくのだと思います。
彼には本当に感謝しかありません。
オズマンくん、有り難う。また会いましょう!!

以下は1年前来館当時のブログ記事です。参考までに転載いたします。
-------------------------------------8<
ようこそ オズマン
2017年7月4日
少し前までは到底想像できなかったことなのですが、この度当館に外国籍のスタッフが加わりました。名前をOsman Wong(オズマン・ウォン)くんと言います。中国系のカナダ人です。なんとアルバイトなんかではありません。いわゆる人手不足を補う為に頭数合わせに雇ったわけでもありません。ワーキングホリディ制度を使ったれっきとした正式なスタッフで、1年間居てくれることになっています。
実は、カナダのヴィクトリア大学との国際交流プログラムで、当館近くの城崎国際アートセンター(KIAC)に毎年6月頃に10日間ほどヴィクトリア大学の学生が滞在いたします。その内の2日間ほど、旅館のスタッフになりきっておもてなし体験する実習プログラムがあり、オズマンくんはその1期生として昨年当館で実習体験をいたしました。その時の印象が良かったようで、今年の6月に大学卒業後、自分の社会人としてのキャリアの一番最初に当館への就職を選んでくれたわけです。
今年の3月の終わり頃に、その旨の意思を伝えるメールが届いた時にはあまりの想定外の申し出に少し戸惑いましたが、もちろんその気持ちに応えないわけには参りません。快く引き受けした次第です。
ここ数年で城崎温泉にも外国からのお客様がかなり増えました。現在だいたい年間に4万人ほどの外国人が城崎温泉に訪れています。中には「えっ、外人多いの?」と、外国人客の多い観光地を敬遠される日本のお客様もおられるのでは無いかと思っています。
でも城崎温泉はけっしてそうではありません。
城崎温泉はいわゆるゴールデンルートから外れたわざわざ行こうとしなければ行くことができない地域、つまりは城崎温泉の佇まいや温泉情緒に魅力を感じ、日本的なマナーを守り、日本に溶け込み、日本の良さを心で感じ楽しみたいと思う外国人が自ら望んで訪れています。外国人ならば誰でもかれでも来ているのではないのです。物を買うことが目的ではありませんので、爆買いの騒々しさも存在いたしません。
オズマンくんも、日本が好きで、城崎温泉が好きで、旅館のおもてなしに憧れて、学ぶ気持ちで当館に参りました。いたって謙虚で、ひたむきで、超まじめです。
そして、人柄もすこぶるいいです。昨年来た時に知り合いになった当館のスタッフは、彼がやって来るのをどれだけ首を長くして待っていたことか…。とにかくさっそくにたくさんのスタッフからいじられて可愛がられています。
1年間でどれだけ成長してくれるのか楽しみでなりません。ご来館のお客様に於かれましても、どうか可愛がっていただきますよう宜しくお願いを申し上げます。


カテゴリー: ときわ別館の様子・出来事 | コメントをどうぞ

5月12日の中庭風景

180512湿度も低く、暑くも無く、寒くも無く…。
本当に良い季節です。行楽日和。


カテゴリー: ときわ別館庭の365日 | コメントをどうぞ

チャリダー多し

180505 180505-02今年のゴールデンウィークは天候に恵まれました。
こうお天気がいいと特にいくつものバイクのツーリンググループによく出逢います。「GWにバイクツーリング」が風物詩のようにGWの当たり前の風景となっています。
しかしながらここ数年は、チャリダー(自転車ロードバイクツーリング)のグループを見かけることが多くなりました。特に今年は、例年に比べて多かったように思います。
これもひとえに益々盛りあがる自転車ブームに加えて、毎年9月に当地で開催している自転車ツーリングイベントの「山陰海岸ジオパークコウノトリチャレンジライド in 但馬」の影響が大きいと言えるなのではないかと思います。
最近の城崎温泉はとかく「外国人客が多い」という話題が多いと思うのですが、実際には日本のお客様を含めたたくさんのお客様にお越しいただいているわけですし、このように自転車人口も増えている訳ですから、外国人ネタの方がニュースソースになりやすいということは理解できますが、自転車ツーリングという地元の地道な取り組みも、またその成果も取りあげていただきたいと思うのが本音のところであります。

(写真はイメージです。今日の様子ではありません。)


カテゴリー: その他徒然に・・・ | コメントをどうぞ

ステキ体験旅行博「城崎温泉 旅館ツアー」

180504 180504-02 180504-03 180504-04 180504-05JTBや近畿日本ツーリスト、日本旅行に代表される大手旅行会社(リアルエージェント)は、年に数回社員さんが実際に観光地に足を運んで視察研修を行い、そこで得られた生の情報を旅行商品の造成やカウンターでのお客様との商談に役立てています。ご存じでしたか?
城崎温泉でも毎年これらの視察研修を積極的に受け入れているのですが、通常は1泊2日の日程で実施し2日間に渡ってじっくりと視察をしていただきます。また、夜は視察団と旅館の関係者の総勢50~70名が一堂に会してゆかたを着て夕食会をするのが城崎温泉流であり、夕食会後には「ナイトツアー」と称して温泉街に繰り出して射的や外湯めぐりをしていただいて城崎温泉三昧の研修をしていただきます。

ステキ体験旅行博「城崎温泉 旅館ツアー」はわずか2時間30分という限られた時間の中で旅行会社社員の視察研修ツアーを疑似体験していただくプログラムです。
時間的な制約から旅館の館内見学だけをしていただきますが、どの旅館にもその旅館ならではの自慢の施設やサービスやこだわりが必ずあって、通常は泊まらないとそれらを体験することはできないわけですからお陰様で旅行博の鉄板人気のプログラムとなっています。

開催日は5月9日(水)と5月17日(木)の2回。開始時間はどちらも10時30分です。
必ずステキ体験旅行博の公式サイトからご予約の上でご参加下さいませ。
http://kinosaki-onpaku.jp/


カテゴリー: まちの出来事・イベント情報, 城崎温泉泊覧会(城崎オンパク) | コメントをどうぞ