志賀直哉先生来湯100周年からのムーブメント

1906036月1日から城崎文芸館KINOBUNで、文芸館が新しくなってから4回目となる企画展『「本と温泉」のつくり方。』が始まりました。
私としては個人的な事情もあって、実はこの企画展にとても熱い思い入れを持っています。
「本と温泉」とは城崎温泉の若者が作ったNPOで、「現代版 城の崎にて」を作るべく、超人気作家の万城目学さんや湊かなえさんらに城崎温泉に滞在をしていただいて、城崎を舞台にした小説を書き下ろしてもらうことを目的とした団体のこと。
そして、この団体のユニークなところは、だんだんと出版業界が縮小せざるを得ないこの現代に於いて、「城崎温泉でしか売らない」「城崎温泉に来ないと買えない」という本を制作し、売っているということ。
さらには、そこにはかなりのこだわりがあって、その姿勢に対して意気に感じていただいた超一流の人々の参画がこの本の制作と運営を下支えしているという事実。そしてそして、加えてこのKINOBUNの展示物「生きている本」はあのライゾマティクスさんが手掛けているという驚き。
我々としても「そこまでやっていただいていいのかな」とでも言いたくなるほど、たくさんの皆さまのお陰の中で「本と温泉」は成り立っているのであります。

そもそもこの「本と温泉」は志賀直哉先生来湯100周年記念がそのきっかけ。
いろいろな出来事がその周辺年であったことはたまたまの巡り合わせもあったのだろうとは思いますが、あとあとから考えてみるとこの志賀先生100周年事業のあたりに城崎温泉の大きな転機が間違いなくあったと私は思っています。
おせっかいな人の話も、外国人観光客が増え始めたのも、城崎国際アートセンターが軌道に乗ったのもちょうどこの頃ですし、その機が熟した結果平成30年度は城崎温泉は10軒以上のまちに寄り添った店舗が建築されましたが、そういった大建築ブームも(TOKIWA GARDENもその時創った)、全ては100周年事業のあたりの年からのムーブメントが起点になり、思いが続いているのだと思うのです。
その昔、城崎温泉はたくさんの外部の洗練されたブレーンの助けを借りながら大震災からの復興を見事に果たし、今の「日本の温泉まち」の佇まいがあります。
そんな偉大な先人の志しには十分に配慮しなければなりませんが、今の城崎温泉はその時と同様に、いやその時以上に外部の洗練されたブレーンがどんどんと入り込み研ぎ澄まされていっているように思えてなりません。城崎温泉に住み、そして商売をしている私たちは日々それが楽しく嬉しく、そして受ける刺激に胸高ぶり、城崎温泉に住む喜びを再認識しています。
ただし、忘れてはならないのは、今も昔も、城崎温泉に関わる全ての人が「共存共栄」という思いを理解し、体現しようとしていることです。

今回の企画展はお客様にはもっと気軽にカジュアルに観ていただいたら…とは思っていますが、私としては正当な鑑賞の仕方ではないかもしれませんが、自分が辿ってきた時と重ね合わせて、あらためて振り返ることができる大切な場として、既に何度も足を運んでいるのです。


カテゴリー: その他徒然に・・・, まちの出来事・イベント情報 | コメントをどうぞ

まちの賑わい 城崎温泉観光協会ポスター

190602今年の夏の城崎温泉観光協会のポスターのお披露目です。
真ん中の色ゆかたの3人の女性はモデルさん(城崎温泉観光大使)ですが、周囲のお客様はエキストラではありません。これが夏の毎夜の当たり前の城崎温泉の風景です。
城崎温泉は「まち全体で一軒の旅館」に例えられることがよくあります。駅が玄関で、道路は廊下で、外湯が大浴場で、土産物屋が売店で、そして74軒ある旅館が客室で…。
こんな風景はここにしかありません。
ポスターのキャッチにあるように、まさに「日本の温泉まち」の本領発揮というところであります。


カテゴリー: 旅行・観光の耳寄り情報, 町並みウオッチング | コメントをどうぞ

歓迎:ビクトリア大学生

190601 190601-02 190601-03 190601-04カナダ ビクトリア大学の学生10人が5月20日から10日間の日程で城崎温泉に滞在(うち3日間は豊岡市内の一般家庭にホームステイ)して、演劇的手法を活用したワークショップや様々な体験型学習を通して、実践的な日本語を学ぶ研修プログラムを実施いたしました。
これは2年ぶり3回目のことで、当館はうち2時間の割り当てで、旅館就労体験を担当させていただきました。
当館がこうした外国人に対しての就労体験を担当させていただくのはビクトリア大学さんの3回はもとより他にも数件あって、こちらとしても段々と教え方が向上しています。笑
テキストなども回を重ねるごとにバージョンアップしたりして…。

いつものことですが、当館としては「これっきりのご縁」と割り切っての対応をしているつもりはありません。SNSもあり、世界は急速に狭くなっています。今回のご縁がまたどこで繋がるやもしれません。様々な出会いに感謝しながら、今回もまた楽しい時間を持つことができたと思っています。本当に有り難うございました。See You!


カテゴリー: ときわ別館の様子・出来事, まちの出来事・イベント情報 | コメントをどうぞ

香住蟹は5月末まで

190527早いもので、令和元年の最初の月の5月もあとわずかとなりました。
さて、現在の旬の食材「香住蟹(かすみかに)」ですが、その漁期がいよいよ5月末で一旦終漁となります。
「香住蟹」とは「紅ズワイ蟹」のことですが、城崎温泉周辺港では香住港でしか水揚げされないことから地場の名産ということで「香住蟹」と呼んでいます。漁期は9月1日から翌年の5月末まで。その期間の中で11月7日から翌年の3月末までは「松葉蟹(ズワイ蟹)」が入荷いたしますので、当館では松葉蟹が入荷しない時期に、会席料理の一品として茹でた香住蟹をお召し上がりいただくようにしていました。
次回蟹料理がご用意できるのは9月の香住蟹漁解禁後となります。6月7月8月の3ヵ月間は、蟹料理の提供は全くありませんので、ご了承いただきますよう宜しくお願い申し上げます。


カテゴリー: 食の話あれこれ | コメントをどうぞ

5月25日の中庭風景

190525超好天気、そして強烈な陽射し。
緑が美しい5月25日の中庭の様子です。
日中は高温になるものの、夕朝は意外と気温も下がり、寒暖の差が激しいのが今の時期の気候の特徴です。


カテゴリー: ときわ別館庭の365日 | コメントをどうぞ

5月6日の中庭風景 +(プラス)裏庭水没風景

190506 190506-02さて、10連休最終日となりました。
なんと午後からお天気が急変し、強雨と雷雨に見舞われました。
裏庭は排水が間に合わずに、一時水没するほどでした。汗

皆さま、10連休はいかがでしたでしょうか?
当館としてはとにかく心配事ばかりで、突入したこの10連休。。。
まずは前例の無いスタッフの10日連続勤務。しかも毎日満室。
パフォーマンスが落ちないか、体調を崩さないか、事故が無いか…、そんなことばかり思う毎日でしたが、みんな気丈に乗り切ってくれました。本当に感謝しかありません。
その他にも、両替は無くならないか、消耗品は底をつかないか、毎日大量に出るゴミの保管問題、機械設備は故障しないか? 等々、とにかく終わってホッとしております。
そして、ご来館いただきましたお客様、本当に有り難うございました。
一旦はホッとしているところではございますが、気持ち切り替えて今後も引き続きご愛顧賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。


カテゴリー: ときわ別館の様子・出来事, ときわ別館庭の365日 | コメントをどうぞ

5月4日の中庭風景

190503-02中庭額縁風景。
素晴らしい天気に緑が映えます。


カテゴリー: ときわ別館の様子・出来事, ときわ別館庭の365日 | コメントをどうぞ

GW恒例の菖蒲湯(しょうぶゆ)

190503GW10連休もいよいよ後半になって参りました。
毎日毎日こうもお休みが続くと、今日はいったい何月何日? 何曜日? 何の日?…、もうなんだか全然分からなくなってしまいます。
さて、端午の節句にちなんで、GW恒例の菖蒲湯を始めさせていただきました。
今日から3日間、当館の大浴場、また各外湯にて菖蒲湯をお楽しみ下さいませ。


カテゴリー: ときわ別館の様子・出来事, まちの出来事・イベント情報 | コメントをどうぞ

令和元年5月1日の中庭風景

190501雨降って地固まる。
令和初日の雨後の中庭風景は、緑がとても清らかに感じられ、普段とは違った研ぎ澄まされた身の引き締まる思いがいたしました。


カテゴリー: ときわ別館庭の365日 | コメントをどうぞ

平成31年4月30日の中庭風景

190430平成31年4月30日午後の中庭風景です。
降り続いていた雨も一旦止んだ雨後の中庭です。
緑が映えて、とてもとてもきれいです。


カテゴリー: ときわ別館庭の365日 | コメントをどうぞ