ホタル情報かわら版 第2号(6月17日)

170617-05昨年より1週間ほど遅く飛び始めたホタルは、徐々に増えてきています。
発生している場所は、昨年までは旧検番橋(現田口邸)から三木屋社宅橋でしたが、今年は但馬屋社宅橋から三木屋社宅橋周辺と区間が短くなっています。水中の状況も変わり郵便局から泉都社宅橋間の葦がなくなっています。原因のひとつではないかとも考えられます。

発生確認数(約)
6月5日(月)数匹
6月8日(木)15匹
6月12日(月)30匹
6月16日(金)45匹

全国にはホタルの種類は約45種。城崎町ではヘイケボタル、ゲンジボタル、ヒメボタルの三種類が生息しています。木屋町通りはゲンジボタルと山裾にはヒメボタルが生息しています。来日川にはゲンジボタル、それ以外の川や里山では多くはヘイケボタル及びヒメボタルが生息しています。
なお、ヒメボタルの幼虫は陸上に住み、カタツムリの仲間を食べることから、主に山に生息しています。発光は小さく、体長6~7mmの小型のホタルです。観察してみて下さい。


カテゴリー: まちの出来事・イベント情報 | コメントをどうぞ

6月17日 瑞風(みずかぜ)運行開始

170616JR西日本の豪華寝台列車、「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の運行が、いよいよ明日の6月17日から始まります。
兵庫県で唯一、しかも運行最初の立ち寄り駅に選ばれた城崎温泉では、日に日にお迎えムードが高まっています。
残念ながら当館へのお立ち寄りはありませんが、城崎温泉全体でお迎えする気運に賛同し、玄関にタペストリーを掲げさせていただきました。
明日の運行当日はお天気もまずまずと思います。たくさんのメディアが大歓迎の様子を全国に発信してくれるものと期待しています。


カテゴリー: ときわ別館の様子・出来事, まちの出来事・イベント情報 | コメントをどうぞ

ホタル情報かわら版 第1号(6月13日)

170613ホタルは、梅雨の時期に飛び交うといわれています。気象庁によると、今年は6月7日に梅雨入りしたとみられるとのことです。
大谿川(おおたにがわ/城崎温泉の真ん中を流れる川/ホタルの発生場所は御所湯の通りの筋違いの木屋町通り付近)におけるホタルの発生状況は、以下の通りです。

6月5日 数匹発生
6月8日 15匹
6月12日 30匹

今年は、梅雨入りが宣言されたものの雨量も少なく、気温も低いので不安な材料もありますが、昨年人工ふ化して放流したホタルが産卵し増えていることを期待したいと思います。
なお、過去3年多く飛び交った時期は14日から23日の間でした。
観賞の時間帯は夜の7時から9時頃で、(1)月明かりがない (2)雨上がりである (3)湿度が高い (4)風がない などの条件が揃うと活発になります。

地域の皆様と観光客の方々に観賞していただき、お客さまにとっても城崎温泉での良い旅の思い出になればと思っています。
なお、ホタルが発生している場所は特に暗くしている場所もありますので十分足元に注意してご観賞ください。
また、ホタル保護のため捕獲して持ち帰らないようご協力お願い致します。


カテゴリー: まちの出来事・イベント情報 | コメントをどうぞ

花菖蒲(はなしょうぶ)が見頃

170612梅雨入りしている筈ですが、湿度の低い爽やかな好天が続いています。
そして朝晩の気温が低く、ちょっと肌寒くもあります。こんな天気は異例のことと思います。
しかしながら、街中には恒例の花菖蒲が見頃を迎えています。
JR城崎温泉駅前やKINOBUN(城崎文芸館)の前、そしてロープウェイ下のポケットパークなどの温泉街のあちらこちらに植栽が施してあり、お客様の絶好の記念撮影場所となっています。
さらには、梅雨の風物詩のホタルがいよいよ飛び始めたようです。ホタルの情報については、今後折を見て報告をさせていただきます。宜しくお願い申し上げます。


カテゴリー: 町並みウオッチング, 花木便り | コメントをどうぞ

ビクトリア大学生 旅館就労体験

170606 170606-02 170606-03 170606-04 170606-05 170606-06 170606-07 170606-08 170606-09昨年に引き続き5月29日から6月7日までの日程でカナダ ビクトリア大学の学生11人が当館近くの城崎国際アートセンターに滞在し、演劇的手法を活用したワークショップや様々な体験型学習、共同での生活を通して、実践的な日本語を学ぶ研修プログラムを実施しています。
昨日は皆さんに当館に来ていただいて、旅館就労を体験していただきました。
ちょっと厳しくやり過ぎたのかもしれませんが、日本のおもてなしの心に接し、また生きた日本語を学んでいただけたのではないかと思っています。
学生の皆さんには長い長い一日だったかも分かりませんが、日本での良き想い出となってくれれば幸いに思います。
なお、昨年当館で就労体験をしたオズマン・ウォン君がビクトリア大学を卒業して今年7月から当館に就職することになりました。御縁とは本当に奇なるものです。様々な出会いに感謝しているところであります。


カテゴリー: ときわ別館の様子・出来事 | コメントをどうぞ

【6月4日】鼻かけ地蔵尊祭

170603むかぁ~し、むかぁ~し、あるところに“喜助”という漁師がおったそうじゃ。ある晩のこと、喜助の夢まくらに地蔵が立ち、「ある年の大水で川底にさらわれた。ここは冷たくて暗いから、助けておくれ」と喜助に言った。次の日、喜助が漁に出かけると、夢の通り地蔵が掛かったので、引き揚げて道端に丁寧にまつったそうじゃ。
するとどうだろう、たまげたことに地蔵の鼻から米粒がポロポロ落ちてくるではないか。どんどんどんどんと出て、喜助は近所に分け与えるほど裕福になったそうじゃ。だが、そこで欲を出したのがいけなかった。「鼻の穴を大きくしたらもっと出るのでは」と思い、のみで叩いて穴を大きくしようとしたところ、鼻が欠け、米は二度と出なくなってしまった。
喜助は再び舟に乗って網を打つようになった。反省して毎日地蔵にお参りをし、ただ「心豊かに生きられますように」と祈った。やがて、嫁をもらい、貧しいながらも幸せに暮らしたという。

上はかつてTBS系列の「まんが日本昔ばなし」でも放映されたことがある『鼻かけ地蔵』の一説でありますが、この舞台となったのは実は城崎町内の楽々浦(ささうら)という地区で、今でも大切に祭られ、「(欲張らずに)ひとつだけ願い事をすれば必ず聞き届けて下さる」と多くの人々がお参りをしているのであります。
その鼻かけ地蔵のお祭りが6月4日の日曜日に開催されます。
タイムスケジュールは次の通りです。是非、いらしてみて下さい。

●御詠歌(9時20分~)
●紫橙大護摩(11時00分~)
●餅つき(13時00分~)
●ごく餅・粗飯の接待/福引き
●葦(あし)船乗船体験


カテゴリー: まちの出来事・イベント情報 | コメントをどうぞ

公共工事のご案内

170602城崎温泉では、電柱を無くして道幅を広げ、そぞろ歩く歩行者の安全確保と温泉街の景観改善を主な目的として、6月~10月末までの予定で無電線化(電柱地中化)の工事に取りかかります。場所は城崎温泉のメインストリートである柳並木の川沿いで、駅通りについては既に工事が完了しています。
工事は朝9時から夕方5時まで行われ(日曜日は休み)、それに伴って大規模な交通規制が敷かれます。
お客様にはたいへんなるご迷惑をお掛けすることになりますが、これもひとえに城崎温泉をより素晴らしいモノにしていく為にいつかは通らなければならない道であります。ご理解を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。
なお、付近には多数のガードマンを配置して、お客様が迷われることのないよう対処する所存です。宜しくお願い申し上げます。


カテゴリー: その他徒然に・・・, ときわ別館からのご案内 | コメントをどうぞ

山法師(やまぼうし)が開花

170601 170601-02 170601-03中庭では、赤いつつじが終わると、次は白い山法師(やまぼうし)の出番となります。
山法師は満開になると、遠目に見れば緑色の葉の上に真っ白な雪が積もったようになります。
けれども実は、花に見える白い四弁は葉の一種だということで、花は中央に凄く小さく密集していてかなり近づかないと見ることができないのです(しかも花らしくありません)。


カテゴリー: ときわ別館庭の四季, 花木便り | コメントをどうぞ

六月(水無月)の献立

1705316月(水無月)の献立です。
既にご案内をしていますが、5月末で香住蟹(紅ズワイ蟹)漁が休漁の為、6月からの3ヶ月間(6月・7月・8月)は蟹無し月になります。ご了承下さいませ。
9月に香住蟹漁が再開されるまでは蟹料理ともしばらくの間お別れになります。
そして、9月に香住蟹漁が再開され、さらには11月6日には松葉蟹漁が解禁となります。


カテゴリー: 食の話あれこれ | コメントをどうぞ

トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)6月17日運行開始

170527-04 170527-05 170527-06 170527-07 170527-08JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」が6月17日の運行開始を前に本日リハーサルが行われ、「JR城崎温泉駅」に於いての歓迎お出迎えに参加をして参りました。
まだまだ先のことだと思っていた瑞風の運行がいよいよ間近に迫って参りました。そして、最初の立ち寄り駅に選んでいただきました栄誉に対し、深く深く心から感謝を申し上げます。


カテゴリー: まちの出来事・イベント情報 | コメントをどうぞ