夏の葉刈り(8月6日の中庭風景)

190806 190806-02 190806-03現在、夏の風物詩とも言うべき、中庭の葉刈り作業を酷暑の中で庭師さんがしてくれています。
本来は裏方仕事だとは思いますが、こういった職人の小気味の良い仕事ぶりは非日常の風景として「かえってお客様には観ていただいた方が良いのではないか…」と思っております。
当館は全体の約1割が外国からのお客様ですが、皆さまゆかた姿で縁側に腰掛けてゆっくりと眺めておられます。
「パチパチ…」という剪定バサミのリズミカルな音は、とても心地良く聞こえるから不思議です。


カテゴリー: ときわ別館庭の365日   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です