ホタル情報かわら版 第3号(6月23日)最終版

今年は6月4日に飛び始めました。一番多く飛んだ日は6月14日~18日で約200匹弱でした。22日は夜に雨が降っていたこともあり、飛んでいた蛍は少なく、桜の葉の裏で50匹ほど確認することができました。
今後は、月末には5匹程度、7月5日には1~2匹になると予想しています。

ホタルの一生は、成虫がコケに約0.5mmの小さな卵を産卵し約500産みます。約30日で孵化しその後、水に入り約9ヵ月水中でカワニナを食べながら暮らします。その後、水から上陸して土の中で約40日、さなぎになり約10日後に孵化し成虫となります。成虫となり約1週間飛んだ後一生を終えます。

今年も多くの観光客、地域の方々が観賞していただきました。旅の思い出とホタルを通して自然の大切さを再認識していただければと思っています。

来年に向け引き続き環境保全に心掛け、ホタルの育成に取り組みたいと思っています。
今後とも変わらぬご支援を賜ります様お願い申し上げます。

【城崎温泉大谿川ホタル再生の会】(6月23日)


カテゴリー: まちの出来事・イベント情報   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です