改良型大活躍

いよいよ今年もあとわずかとなりました。
大晦日からは寒波がやってくるようですが、ここのところ雨が多く、お客様の靴が中まで濡れてしまうことが多々発生しています。
ここからが裏方仕事なのですが(なので本当は内緒の話なのですが)、靴が濡れていては翌日お帰りになるのにお困りだと思いますので、夜の内にシューズウォーマーにかけております。
…が、ここまではいつものことで実は何年も前からやっていることなのですが…

こと「ブーツ」となりますとシューズウォーマーの温風が靴先まで届かずに乾かすことができないのでありました。
そこで今年からちょっとした工夫をいたしました。何でこんなに単純なことに今まで気が付かなかったのかと思っています。
要するに、固い紙を丸めてウォーマーの吹き出し口に付けたのです。このようにするとブーツの先まで温風が届くばかりか、紙筒が温かくなってブーツ全体を内側から温めてくれるのです。
靴が乾いていることに気が付かないお客様ももちろんいらっしゃいますが、それはさておいてこうして楽しい旅のお手伝いができることにある意味自分自身が満足しています。
お粗末でした。(笑)


カテゴリー: 普段は表に出ない裏側の話   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です