花粉の季節となりました。

170320当館は個人客専用の旅館です。お客様おひとりおひとりのお顔を覚えて接客することを常としています。
外出時に客室名を言わなくても靴がサッと出てきたり、外出から帰られた時に客室名を聞かなくても客室キーをお渡しできるのも、全て我々スタッフがお客様のお顔を覚えているからこそできる当館ならではの接客であります。
しかしながら、花粉が飛び始める春先になりますと、旅館滞在中のほとんどの時間にマスクをしておられるお客様も少なくありません(恐らくは、食事とお風呂の時は外しておられるのだと思いますが…)。しようのないことかとは思いますが、チェックインの時にもマスクを外されることはありません。正直申せば、お客様の目しか分かりません。目だけで全てを判断しなければなりません。どんなお顔をしておられるのか…、おいくつくらいの方なのか…、想像でしか判断できません。
結果として、どんなお客様だったのか分からずチェックアウトされることもあって、(私共の勝手な言い分ですが)「ちょっと消化不良だな…」と思い苦笑いなこともあったりいたします。


カテゴリー: その他徒然に・・・   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です