JICAおもてなし研修

171009 171009-02 171009-03過日、10月4日のことですが、JICA(国際協力機構)による観光人材育成おもてなし研修プログラムが当館で開催されましたので、その報告をさせていただきます。

このプログラムは、海外の人たちが観光客に対する日本式の「おもてなし」の姿勢を学び、自国に持ち帰ってサービスの改善や向上に役立て、観光プロモーションに繋げていこうとする試みのようで、当館では、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブラジル、ホンジュラス、マーシャル、東ティモール、ウクライナからの7名を受け入れさせていただきました。
実は彼ら・彼女らは、9月初旬に来日していて既に1ヵ月以上に渡って西日本を中心にあちらこちらで研修を重ねてきていて、当館の研修を含む城崎温泉での研修はプログラムの終盤の方に充てられているのであります。
ただし、これまでの研修は、講義、座学、見学、視察が主で、当館での「お客様を迎える立場での実践研修」は体験メニューとして、新鮮味として、非常に喜んでいただけたようでありました。
思えば、今年はこのような実践研修、インターンシップ事業等々を当館はかなりの数を受け入れさせていただいています。ほとんどが先方からの依頼によるもの。つまりは当館が「指名された」という非常に光栄な出来事なのであります。
お客様はインターネット上のクチコミを旅館選択の手段としてかなり活用されていると思いますが、残念ながらクチコミの信憑性の精度はそこまで高いとは言えません。そんな中で、こういった公的な機関からの依頼が多いということは、一般的なクチコミよりも「はるかに精度が高い」と、当館が評価されていることに素直に喜んでいます。
これを糧として、益々精進させていただきたいと思っていますので、今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。


カテゴリー: ときわ別館の様子・出来事   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です