西高東低の気圧配置

2006年11月16日|お役に立てば幸いです

旅行前には必ず天気予報を確認されるものと思いますが、これからの季節に城崎温泉方面にお越しの際は、天気図にも特にご注意いただきたいと思います。
俗に言う西高東低の気圧配置には呉々もご注意下さいませ。
通常は等圧線が東西に(横に)並んでいることが多いと思いますが、「西高東低の気圧配置」の場合は等圧線が南北に縦向きに並びます。こういった気圧配置の場合、城崎方面は雪ないしは氷雨が降りやすい状況です。タチが悪いことに、西高東低の場合は太平洋側(京阪神)は晴れになるのです。
したがって、お客様の気持ちとして、安易に考えられ、しかも軽装でお越しになる場合が多いのです。家を出る時は晴天であったのに兵庫県の北部に近づくにしたがって雲行きが怪しくなり始め、やがては大いに困られることになります。
「備えあれば憂い無し」と申しますが、あらかじめの準備をされておればなんということも無いことも、そうでなければせっかくの楽しい旅行気分も半減です。必ずや天気予報と併せて気圧配置もご確認の上、お越しいただきますようご案内申し上げます。