旅上手は足下から準備

2006年12月11日|お役に立てば幸いです

お天気の悪い日が続きます。
ここ数日間の雨は当地独特の気候ではなく全国的なもののようですが、これから冬に向かえばなおさら雪が降りやすく足下が気になる季節となって参ります。

さて、今日もお客様の靴を何足乾かしたことでしょうか?
当館ではお客様がご宿泊翌日のお帰りの際に濡れたままの靴を履いて嫌な気分になられぬよう、チェックイン時に雨で濡れていた靴についてはこっそりと靴乾燥機で乾かしています。ほとんどのお客様は当館が乾かしたことには気がつかずにお帰りになりますが、そんなことで快適な旅をしただけるのならばお安いご用と思っております。
けれどもそうは言ってもまた濡れてしまえば同じことです。快適な旅をしていただくには“靴”の選択はかなり重要な要素でありますが、これが意外と無頓着、例えば大雪の日に革靴を履いていらっしゃるお客様はけっこうあるから驚きであります。
雪国では地からも水が噴き出して参ります。ここはやはり水濡れ対策はしっかりとしていただきたいと思うのであります。



ということで、私のお薦めはビーンブーツ。私も日頃愛用していますが、完全防水で且つグリップ感もよく滑ることもありません。
そしてもしやの備えに反して晴れになっても違和感は全くありません。
いずれにせよ、お履き物には細心の注意をお払い下さいませ。