繋いで行くということ

2020年05月23日|その他徒然に・・・

この時代に精神論を説いても笑われるだけだと思いますが、今日は特別な日ですのでご容赦下さい。

今日5月23日は北但大震災記念日です。
95年前の今日、マグニチュード6.8の大地震が発生し、倒壊とその後の火災により城崎温泉のほとんどは廃墟と化してしまいました。当館も消失し私の先祖も4名が亡くなっています。
本当に激動の時代だったと思います。
その5年ほど前にはスペイン風邪が大流行、10数年後には太平洋戦争が始まっています。
私たちの先祖はそんな時代を懸命に生き、命を、生業(なりわい)を、繋いできたわけです。
私たちはそんな命のバトンを渡され、次に繋げて行く為に生かされていると常に思って育ってきました。そして、毎年5月23日を迎える度にそれを強く思うのです。
ですから今、コロナ禍でたいへんですが、「絶対大丈夫」と心はどこか落ち着いています。従業員の存在、家族の存在、そしてまちの人々の存在…、それらがとても心強く思えています。
とにかく今日は先祖に感謝し、一日を過ごしたいと思います。

(写真は再建された常盤旅館・場所は現在のTOKIWA GARDENが建つところ)