城崎ならではのゆかたレンタル制度

2005年06月9日|その他徒然に・・・

城崎温泉は平成6年より「ゆかたの似合うまち」としてまちづくりを行っています。その年に第1回目の「ゆかたのファッションショー」が開催されたのがきっかけでありますが、今でこそ全国どこの旅館でもデザインゆかた(柄ゆかた)を用意するようになりましたが、実は城崎温泉がその走りなのでありました。
以来、まちには「レンタルゆかた屋さん」なども登場し、旅館宿泊のお客様以外でも気軽にゆかたを楽しんでいただけるようになっています。
しかしながら「レンタルゆかた屋さん」は個人客専用であり、大量のレンタルには対応ができないのであります。案ずる無かれ、大口の注文には観光協会が窓口となって対応しているのであります(運営はみんなの傘の企画運営をしている文化フェスタ実行委員会です)。
写真は、20セットの申し込みを受けて、レンタルゆかたを用意しているところです。今回は若い女性向け。つい先日開催されたYOSAKOI祭りでは、来賓用(男性用)のゆかたとして活用されました。
これから夏本番を迎えますと、レンタルゆかたもいよいよ忙しくなります。


夏場はレンタル浴衣でそぞろ歩きも楽しいでしょうね。
最近の浴衣はカラフルで素敵ですよね。