コロナウィルス禍に於ける当館の対応・方針について他 2020.2.26

2020年04月26日|ときわ別館からのご案内, その他徒然に・・・

新型コロナウイルス感染拡大防止のために非常事態宣言が出されました。
現在城崎温泉や豊岡市では新型コロナウイルス感染者は出ておりませんが、一日でも早い終息を願いまして城崎温泉の全ての旅館(城崎温泉旅館協同組合加盟全旅館)は下記の期間中休業する事になりました。
ご理解ご了承を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

【休業期間  令和2年4月27日(月)~5月31日(日)】

なお、状況の変化によりましては、休業期間の短縮或いは延長の可能性がございます。
また、日々の旬情報につきましては、当館のBlog及びFacebookにて発信お知らせさせていただいています。何卒宜しくお願い申し上げます。

————————————-8<
さて、この全旅館休業につきましては『城崎温泉から絶対に感染者を出さない!』という宣言が組み込まれています。けれども他地域でもあるようにどんなに注意していても感染してしまうことは残念ながらどうしてもあるようです。なのでこの宣言がそういう状況になってしまった人を排除する意味合いに誤解されてしまうことはあってはなりません。
この宣言は外向きな表明というよりもむしろ内向きに城崎温泉の全関係者に対して常に緊張感を持って後悔無きよう個人の自覚に於いて最大限の予防に努めて下さいという強い戒めの言葉なのだと私は理解しています。とにかくみんなで協力し支え合いながらこの長期戦を戦っていかなければならないのだということでしょう。
実際には、宣言通りの感染者0(ゼロ)の状況が維持されるには特効薬やワクチンの開発を待たなければならないので1年以上かかるのが定説だと思います。耐えなければなりません。
現実的にはコロナ禍がピークを過ぎたであろうと確認できる頃合いを見計らってコロナと上手に付き合いながら商売をしていく方向性なのではないかと今は思っています。これには重大な決断が必要なので単独での判断は本当に難しく、やはり国の状況や経済の動向を冷静に確認しながら皆で知恵を出し合って進めて行くことになるのではないかなと思っています。なのでその潮目を見ることがとても重要になります。
幸いにも城崎温泉の心はひとつです。観光協会や旅館協同組合の役員の方々をはじめとした多くの関係者は本当によく頑張ってくれています。心強いです。
くよくよと嘆いてばかりいるのでは無く、人を批判するのでは無く、元気に明るく前向きに…、我が地域はそういう一体感が感じられるところがいつも心強いと思っています。