松葉蟹漁解禁後の当館のコロナ対応について

2020年11月12日|ときわ別館からのご案内

今年もまた、松葉蟹漁が解禁となりました。
コロナ禍の中で不安もありつつ、それでも待ちに待ったオンシーズンの到来です。こういったご時世ではありますが、GoToトラベルキャンペーンと併せて、温泉街が一層活気づいて賑わうことを期待せずにはおられません。
我々旅館業にとりましてGoToトラベルキャンペーンの効果は顕著で、売上は例年以上という同業他館さんもあるように聞いていますが、とは言えコロナ禍は終息している訳ではありませんし、第三波の到来も懸念されている中で「まだタガを緩めるわけにはいかない」というのが当館の現在の考え方であります。
当館は営業再開後の6月1日からこれまで、一貫して「稼働率を通常時の50%で営業」、「1組の人数上限は3名様」、「1組1室利用に限り、2室以上にまたがる予約は不可」としてお客様をお迎えしています。
それにより例年よりも営業客室数が少ないわけですから、その為に満室になるのも早く、お客様にはたいへんなご迷惑をお掛けすることになっています。このことにつきましては本当に申し訳ないと思っています。
けれども、この当館独自のコロナ禍対策ですが、効果は目に見えてあります。まず館内では密発生の機会は少なく、(城崎温泉名物の外湯は頻繁に入場制限がかかりますが)当館内の大浴場はほとんど混むことはありません。ゆったりゆっくり安心して館内でお過ごしいただくことができていると思います。
かき入れ時にこのような自粛営業をしていていいのかと葛藤もありますが、当館としては入館者数を減らすことでしか密対策は解決できないと結論づけていて、少なくとも来春まではこの方針を変えないつもりで考えています。当館をご贔屓いただきますお客様にはたいへんなご不便をお掛けいたしますが、ご理解をいただきますよう何卒宜しくお願い申し上げます。