緊急事態宣言解除後の当館の営業方針について

2021年02月27日|ときわ別館からのご案内

2月末で緊急事態宣言が解除されます。
とは言え、コロナ禍が終息した訳ではありません。
玄関に山田画伯のアマビエを掲示してからもうすぐ1年が経とうとしていますが、このアマビエを取り外す日が来るまでは気を抜けないと思っています。

当館は宣言解除後も引き続き城崎温泉観光協会が定めたガイドラインを遵守した上で、「稼働率を通常時の50%で営業」、「1組の人数上限は3名様」、「1組1室利用に限り、2室以上にまたがる予約は不可」といった独自のハードルを設けて慎重にお客様をお迎えして参りたいと考えています。
もちろんこの対応で完璧である訳ではありませんが、引き続き高い緊張感を持って接遇に当たりたいと思います。

当館は元々夕朝食共にお部屋食ですし、チェックインもお部屋で、お会計もお部屋で対応しています。露天風呂付き客室もありますので、不特定者の対面を気にされるお客様にも評価をしていただいるのではないかと思っています。
あまり出歩かず館内でゆったりゆっくりと過ごしたいお客様、外湯志向ではなく館内の温泉で十分満足していただけるお客様、3月20日まで漁期のズワイ蟹などのお料理を堪能したいお客様には特にご満足いただけるのではないかと思います。
いろいろな制約を設けている為に今はまだ全てのお客様をお迎えすることができませんが、ご理解をいただきまして、引き続きのご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

https://www.kinosaki.co.jp/news/11390/