祝:卒業

2019年09月3日|ときわ別館の様子・出来事

昨年の9月からインターンシップ制度を使って当館で勤務してくれていた台湾人の葉 紹如(よう・しょうじょ)さんが、任期を無事終えて本日帰国の途につきました。先ほど「無事に台湾に着いた」とLineで連絡がありました。
台湾の大学生である葉さんは、1年間当館で働くことによって単位取得が可能な制度を使っての来日でした。当館では、この制度を使った二期生になります。

「外国人労働者=人手不足」というイメージにとらわれがちですが、実は彼ら彼女らはとても優秀です。まじめで勤勉で、よく働いてくれます。我々もそういった姿勢には学ぶべきところがたくさんあって、社内スタッフ間の良き手本・潤滑油になってると思っています。
また、葉さんの人懐っこい性格は、みんなに可愛がられました。
そして、見知らぬ異国で、ひとりで、本当によく頑張りました。

お別れするのは悲しいことですが、それは一時の感情でしかありません。彼女の前途を祝して、みんな笑顔と大きな拍手で送り出しました。

Lineで帰国の連絡があったように、世界は急速に小さくなっています。葉さんに再び会えるのも、そう遠い先の話ではないように思います。
「葉さん、ありがとう!」