行く人来る人

2021年06月23日|ときわ別館の様子・出来事

この一年以上に渡るコロナ禍の中で、我々は、我々の地域は、そして当館は、ただ単に耐え凌ぎ苦しんできただけだったかというとそうでは無く、もう一度足下を見つめ直したり、新しい投資をしたり、前向きな計画を考えたりして、可能な限りポジティブな気持ちで過ごそうとして参りました。
その中で、たくさんの新しい仲間が増えたことも、この一年の目に見えた収穫でありました。
ただし、入ってくる人もあれば出て行かれる人もあります。
先日は緊急事態宣言が解除されたことを受けて、当館に20年以上に渡って勤務されこの度引退されることになった客室係リーダーの送別会を行いました。(ちなみに、換気を良くし、お互いの距離を保って、大人しく仕出しを食べました。)
お別れは本当に悲しいですが、いつかはこういった日が必ずやって参ります。
これまでの労をねぎらい、功績に感謝し、残された者がしっかり引き継いで、さらなる向上を誓うのでした。