【8月30日まで 期間延長】麦わら細工・小関寅雄展

2016年05月15日|まちの出来事・イベント情報, 旅行・観光の耳寄り情報

160515朗報です。
現在、城崎麦わら細工伝承館にて開催されている「城崎麦わらの匠  小関寅雄展」が大好評につき、5月31日で終了だったところ、8月30日まで延長されることになりました。

以下、小関寅雄展の説明文です。
————————————-8<
幕末にオランダから来日したシーボルトは、帰国の際に大量の自然科学標本や民族学的資料を持ち帰っており、それらはシーボルトコレクションと呼ばれています。実はそのシーボルトコレクションの中に城崎温泉の伝統工芸品「麦わら細工」も多数含まれていて、それは現在オランダのライデンとドイツのミュンヘンの博物館に所蔵されています。
このように鮮やかな色彩と光沢が美しい城崎温泉の麦わら細工は300年近くの歴史を持っています。その継承者で、特に小筋(こすじ)と呼ばれる技法においては第一人者であった小関寅雄さんが、平成27年1月4日に惜しまれつつお亡くなりになりました。幾何学模様を主とした小筋に於いて小関さんの右に出る者は居ません。
その小関さんの素晴らしい作品を集めた「小関寅雄展」が、現在「城崎麦わら細工伝承館」にて開催中です。