暴力追放・防犯・交通安全大会 開催

2016年11月4日|まちの出来事・イベント情報, 普段は表に出ない裏側の話

161104本日は毎年恒例の「暴力追放・防犯・交通安全大会」が当館から徒歩1分のところにある城崎国際アートセンターで盛大に開催されました。
城崎温泉は観光のまちですから、このような地味な行事はあまり表だった話題とはなりませんが、戦後の混乱期を経て昭和30年代までは城崎温泉に暴力団員が住んでいた時代もありましたが、実は現在の城崎温泉が「ゆかたの似合うまち」であるのも、「女性のお客様が多い」のも、「街全体でお客様をおもてなしする雰囲気がある」のも、こうして「風情ある町並みが遺っている」のも、全ては私達の先人が地元警察と協力して「暴力追放」を謳い、安心安全なまちづくりに心血を注いできてくれた歴史があってのことなんです。
いよいよ明日から松葉蟹漁が始まって忙しくなりますが、私達は先人の意を引き継いで気を緩めること無くお客様に安心してお越しいただけるよう日々努力していくことを誓うのであります。