城崎温泉、その次はコウノトリ…

2007年10月2日|コウノトリプロジェクト

コウノトリの話題が続きますが…
自館の経営と共に、まちのことにもそれと同じくらいに一生懸命に取り組むのが「城崎流」なのですが、今日はたまたま城崎温泉への視察の一行が2件重なり、城崎温泉の次にリクエストの多い、コウノトリの郷公園に私も帯同して参りました。2件の視察ですから、つまりは一日に二度も郷公園に行ったのでありました。
郷公園は平日とはいえ来館者はたいへんに多く、何度行ってもその関心の高さを実感するのでした。
また、昨日巣塔にコウノトリが降り立った城崎温泉近くの戸島地域にも行って参りましたが、優雅に二羽のコウノトリが上空を飛ぶ姿を見ることができ、とても感動いたしました。
ただし、噂を聞きつけ観光客もちらほら来るとのことですが、自然を自由に滑空するコウノトリは檻の中の見せ物では決してありません。コウノトリを見つけた感動のあまり大声を出したり、異常に近づこうとする方もおられるようで、コウノトリと人間との共生はまだまだ始まったばかりなんだと思うのでありました。
皆さまももしや偶然にコウノトリに出くわしても、けっして騒がず、どうか静かに見守っていただければ…と思います。