感心している場合ではないけれども感心してしてしまう迷惑メール

2006年04月21日|普段は表に出ない裏側の話

日々「迷惑メール」に悩まされています。皆さまはいかがでしょうか?
「迷惑メール」とは、一般的には総じて「一方的な商業広告の送りつけ」のことのようですが、私が問題としているのはエッチ系や外国語の意味不明な私としては箸にも棒にもかからない全く不要な(不快な)メールのことであります(商業目的ならばたまには為になるものもあります)。このメールの量が実に多いのです。そしてだんだん巧妙になっています。
特にここ最近は、画像のように件名(Subject)だけでは判断つきにくいものが増えて参りました。「後藤です。大事なことですので」「お礼」「こんばんは」「如何お過ごしですか?」「ありがとうございました」「ご無沙汰しております」「Re:」等々の件名を見て取れますが、全てが迷惑メールであります。開けてみるとエッチな内容のものばかり。
まぁ~、どうしようもないので只々感心するばかり。その巧妙さに苦笑いをするしかないのですが、ここで問題なのはお客様も同じような件名で予約や問い合わせのメールを打ってこられる方がいらっしゃるということです。特に携帯からメールを打って来られる方は件名をお書きにならない方もいらっしゃる。また要件のみで名前すら名乗らない方もいらっしゃる。PCからのメールの方でも同様の方もおられ、メールの取り扱いには注意は払っているものの、とにかく仕事はかなりやりにくいのであります。
できるならば「○月○日に予約をとりたい」「料理に関する問い合わせ」「宿泊に際してお願いがあります」等々の分かり易い件名をつけていただけると本当に嬉しいのでありますが…