ラムサール条約「円山川下流域・周辺水田」

2012年05月12日|町並みウオッチング

先頃、環境省が新たなラムサール条約の候補地として発表した「円山川下流域・周辺水田」に行ってきました。
なんのことはない。城崎温泉の横を流れる大河「円山川」の対岸のハチゴロウの戸島湿地周辺のことなので、当館から車で約10分、JR城崎温泉駅からなら車で5分もかからない同じ城崎町内であります。
ラムサール条約とは、1971年に採択された国際条約「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」の通称のことで、7月にルーマニアで開かれる条約締約国会議で登録が正式決定される見込みとなっています。
河口に近いこの付近の円山川は水を満々とたたえて文字通りの大河であり、そこに湿地と田園風景が広がっています。そして見上げればコウノトリが空高く悠然と飛んでいて、我々の心をとても癒してくれます。
城崎温泉の近くには、そんな豊かな自然が存在しているのです。
120512-02.jpg
120512-04.jpg
120512-05.jpg