大谿川(おおたにがわ)沿いの柳

2005年04月7日|花木便り

「城崎温泉」と言えば、川沿いの柳をイメージする方が多いと思います。
けれどもどうしてどうして、桜もまたたいへんに美しいのであります。
そもそも城崎温泉の真ん中を流れる大谿川(おおたにがわ)の下流域には柳が、中流域から上流域にかけては桜が多く植わっているのであります。
したがって今の時期は桜の開花が待ち遠しく皆の期待がそちらばかりにいってしまうのですが、実は柳は今、芽吹きの時期を迎え、その若々しく清々しい様は、見る人の心を引きつけるのであります。
私個人としては、この芽吹きの柳が大好きであります。

桜を持ち上げ、柳を持ち上げいたしますが、要するにこの時期は春の息吹が感じられる「たいへんに嬉しい季節」なのであります
050407.jpg