香住蟹はメタンハイドレート好き?

2007年04月13日|食の話あれこれ

「香住蟹(かすみがに)」がたいへんに好評です。
香住蟹は正式には「紅ズワイ蟹」と言いますが、近畿圏内では香住港でしか水揚げされないことからこの辺りではこのように呼ばれています。漁期は松葉蟹よりも長く9月から5月末までです。今まさに旬の味覚。当館では季節会席の中で茹でた物をお出ししています。是非、お試しあれ。 さて、突然ですがメタンハイドレートというものをご存じでしょうか?
「メタンハイドレート」とは、メタンガスが低温・高圧のもとで水と化合してできる白いゼリー状のようなもののことで、化石燃料に変わる新しいエネルギー源として注目されているのだそうです。これが海底にたくさん存在しているのだそうですが、このメタンハイドレートがある海底に紅ズワイ蟹がたくさん棲息しているというおもしろい記事を見つけました。
当館の香住蟹もメタンハイドレート好きなのかしらん。
]]>